SoftBank 202THソフトウェア 及び ドライバについて

SoftBank 202THのソフトウェア更新及び、データ通信モデムとして使用するためのUSBドライバ、モデムドライバについて、こちらのページをご確認ください。

 

準備するもの

●  SoftBank 202TH

●  SoftBank 202THのThuraya SatSleeve Upgrader  (このページにてダウンロード可能です)  

●  SoftBank 202THUSBデータケーブル (SoftBank 202TH同梱品)  

●  Windows PC (Windows 10、8.1、8、7、Vista)

 

ソフトウェアの更新

 

SoftBank 202THのソフトウェア更新

ソフトウェアバージョンの確認

現在ご利用のソフトウェアバージョンを下記の手順に従って確認して下さい。

  - SatSleeveアプリ画面> 設定> デバイス情報 > ファームウェアバージョン

 

ソフトウェアバージョンが3.0.0以外の場合、下記手順でソフトウェアの更新を行ってください。

 

ステップ1

SoftBank 202THThuraya SatSleeve Upgraderをダウンロードしてください。

 SoftBank 202TH Thuraya SatSleeve Upgrader

  セットアップファイルを実行します。

  - USBドライバを含むThuraya SatSleeve Upgraderプログラムがインストールされます。

  インストール方法の詳細については、Upgraderインストール方法をご確認ください。

 

ステップ2

PCに最新のSoftBank 202THソフトウェアをダウンロードしてください。

 最新ソフトウェア:SoftBank 202TH (Thuraya SatSleeve) ソフトウェアv3.0.0

   注意:

  • SoftBank 202THでのみ動作します。

  • App StoreよりiPhoneにインストールするSatSleeveアプリをV3.2.0にアップデートした後に、こちらのSoftBank 202TH ソフトウェアv3.0.0への更新を適用してください。

 

ステップ3

SoftBank 202THデータケーブルを使用してPCSoftBank 202THを接続します。

ステップ1でダウンロードしたThuraya SatSleeve Upgraderプログラムを起動して、プログラムの指示に従いソフトウェア更新を実施してください。

 

SoftBank 202TH  データ通信モデムとして使用する

 

衛星通信でインターネットを使用するためにSoftBank 202THをデータ通信モデムとすることができます。

その際PCSoftBank 202THを接続するためのUSBドライバ及びモデムドライバは下記のThuraya SatSleeve Upgrader に含まれています

ご利用のPCのバージョンに合わせて手順をご確認ください。

 

SoftBank 202THをデータ通信モデムとして使用する手順

ステップ1

SoftBank 202THThuraya SatSleeve Upgraderをダウンロードしインストールしてください。

 SoftBank 202TH Thuraya SatSleeve Upgrader

セットアップファイルを実行します。 USBドライバを含む Thuraya SatSleeve Upgraderがインストールされます。インストール方法の詳細については、Upgrader インストール方法をご確認ください。

 

ステップ2

次の手順に従い、SoftBank 202THをデータ通信モデムとして接続するために、PCの設定を行ってください

- Windows Vista , Windows 7 , Windows 8 / 8.1をご利用の方

  1)  PCとSoftBank 202THをUSBデータケーブルで接続してください。

  2)  PCの「コントロールパネル」から「デバイスマネージャ」を起動し、SoftBank 202THが接続されているUSBのポート番号を確認してください。(例:COM40)

  3)  PCの「コントロールパネル」から「電話とモデム」を起動してください。

  4) モデム」タブを選択し、「追加」を選択してください。

  5) 「モデムを一覧から選択するので検出しない」にチェックを入れ、「次へ」を押してください。

  6) 「標準56000bpsモデム」を選択し、「次へ」を押してください。

  7)  手順2)で確認したUSBのポート番号を選択し、「次へ」を押してください。

  8)  接続が完了します。

 

- Windows 10 をご利用の方

  1)  PCSoftBank 202THUSBデータケーブルで接続してください。

  2) PC画面の左下で右クリックし、メニューから「デバイスマネージャ」を選択、起動して、SoftBank 202THが接続されているUSBのポート番号を確認してください。(例:COM40)

  3)  PC&の「設定」の検索バーから「電話とモデム」を検索し、「電話とモデム」を起動してください。

  4) 「モデム」タブを選択し、「追加」を選択してください。

  5) 「モデムを一覧から選択するので検出しない」にチェックを入れ、「次へ」を押してください。

  6) 「標準56000bpsモデム」を選択し、「次へ」を押してください。

  7)  手順2)で確認したUSBのポート番号を選択し、「次へ」を押してください。

  8)  接続が完了します。

 

ステップ3

次の手順に従いダイヤルアップ接続を作成してください。

-  Windows Vista , Windows 7 をご利用の方

  1) 「スタート」>「設定」>「コントロールパネル」>「ネットワークと共有センター」を選択してください。

  2) 「新しい接続またはネットワークのセットアップ」を選択してください。

  3) 「ダイヤル接続をセットアップ」を選択し、「次へ」をクリックしてください。

  4)  ダイヤルアップの電話番号として*99#を設定してください。(オプションでユーザー名とパスワードを設定可能です。)

  5)  接続名を入力し、「接続」をクリックしてください。

  6)  新しく作成されたダイヤルアップ接続を介してインターネットを使用してください。

 

-  Windows 8 / 8.1をご利用の方

  1) 「スタート」>「設定」>「コントロールパネル」>「ネットワークと共有センター」を選択してください。

  2) 「新しい接続またはネットワークのセットアップ」を選択してください。

  3) 「ダイヤル接続をセットアップ」を選択し、「次へ」をクリックしてください。

  4) 「ネットワークへの接続」を選択し、「次へ」をクリックしてください。

  5) 「いいえ、新しい接続を作成します」を選択し、「次へ」をクリックしてください。

  6) 「ダイヤルアップ接続」を選択し、「次へ」をクリックしてください。

  7)  ダイヤルアップの電話番号として*99#を設定してください。(オプションでユーザー名とパスワードを設定可能です。)

  8)  接続名を入力し、「接続」をクリックしてください。

  9)  新しく作成されたダイヤルアップ接続を介してインターネットを使用してください。

 

- Windows 10 をご利用の方

  1) 「スタート」>「設定」>「ネットワークとインターネット」>「ダイヤルアップ」を選択してください。

  2) 「新しい接続を設定する」を選択してください。

  3) 「インターネットに接続します」を選択し、「次へ」をクリックしてください。

  4) 「新しい接続をセットアップします」を選択してください。

  5) 「ダイヤルアップ接続(ダイヤルアップモデムまたはISDNを使用して接続)します」を選択してください。

  6) ダイヤルアップの電話番号として*99#を設定してください。(オプションでユーザー名とパスワードを設定可能です。)

  7)  接続名を入力し、「接続」をクリックしてください。

  8)  新しく作成されたダイヤルアップ接続を介してインターネットを使用してください。